専業主婦専用カードローンがおすすめ

専業主婦は働いていませんから本当にお金が借りれるか?今まで借り入れをしたことがない専業主婦はまずそこから疑問になりますね。パートやアルバイトなどしているなら、そんな不安は考える必要ありませんが、確かになにも収入がない専業主婦は借り入れをする際、選べるものはわずかになります。ではどういうところで借りればいいのか・・・それは専業主婦が借りれるカードローンは銀行のカードローンです。その中でも普通の銀行カードローンと専業主婦専用の借入枠があるカードローンの2つに分けれるのですが、ずばり専業主婦専用のカードローンがおすすめなんですよ。では何故そうなのかご説明しますね。

 

専業主婦専用のカードローンの魅力

総量規制がない

総量規制とは、個人がお金を借りる時、年収の3分の1までしか借り入れできないという法律です。銀行以外の金融機関のカードローンでは審査でこの総量規制がありますから、専業主婦はこの時点で借りれないということになります。

 

誰にも内緒で借りれる

一応申込みすると銀行が信用情報機関などの情報から配偶者が収入があるのかどうかなどの審査がされると思いますが、実際に配偶者側に在籍確認や本人確認などの電話などの審査などはありませんので、簡単なそのような審査にクリアできれば、自分が収入があるという証明がなくても誰にもわからずに申込みが安心してできる形になります。銀行の普通のカードローンではもちろん専業主婦でも申込みができますが、配偶者の審査があり、勤務先に配偶者の確認の電話確認があります。

 

もちろん、ご主人と相談してカードローンをするなら、普通の銀行カードローンでもOKですよ。

 

カードローンを申し込める会社には、クレジットカードを基盤とする信販系の会社、対応が早い消費者金融系の会社といった種類の違いがあるのは知っていますか。銀行関連の会社の場合は、他に比べて審査時間が必要で、うまく即日融資をすることが、難しいものもあるのです。イメージしにくいのですがお金が足りなくなるのは、比較してみると女性が多いみたいです。できるならばもっと使用しやすい女性だけが使うことが許された、斬新な即日キャッシングサービスも生まれるとみんな大喜びだと思います。インターネットを使える環境があれば、対応している消費者金融でとてもありがたい即日融資をしてもらえる、可能性が確実ではないけれどあります。あくまで可能性なのは、審査を受ける必要があるので、その審査にパスしたら、融資が受けられるということです。キャッシングの審査は、たくさんのカードローン会社が健全な業務のために加盟しているJICCから提供される信用情報で、申込んでいただいた方自身の個人的な情報について詳しく調査しています。キャッシングを利用して貸して欲しいのであれば、とにかく審査に通っていなければいけません。当然カードローンの借りている額が増加すれば、月々の返済金額も、増えるのは間違いありません。お気軽にご利用いただけますが、カードローンと名前であっても実際は借金だということを覚えておく必要があります。借金は、よく考えて必要最小限の金額までに!借り過ぎで返せないなんてことがないようにするようにきちんと計画をたてて使いましょう。貸金業法の規定では、驚くことに申込書の書き方や訂正の仕方についても細かなルールがあり、キャッシング会社において申込書を訂正することは、してはいけないとされています。万一書類に記入ミスをしたケースでは、二重線で誤りの部分を消してそのうえで訂正印を押印しないと正式な書類として受け付けてくれないのです。例えば同一の月等に、たくさんの金融機関に、新規キャッシングの申込をしていたというようなケースの場合、不足している資金の調達に走り回っているかのような、印象になってしまうので、大切な審査を受けるときに相当マイナスの効果があるのです。いつの間にかよく聞くキャッシングとローンという二つの単語の意味合いが、かなり混同されていて、キャッシングでもローンでも大きな差はない意味を持つ言語というポジションにして、利用しているケースがほとんどになっちゃいました。キャッシングの審査は、カードローンを取り扱っている会社が健全な業務のために加盟している膨大な情報量の信用情報機関を基に、キャッシング希望者の個人的な情報について詳しく調査しています。ですからキャッシングで貸して欲しいのであれば、まずは審査で承認されることが必要です。

更新履歴